HOME > 会社案内 > ラボの設置による研究開発体制強化

ラボの設置による研究開発体制強化

既存製品事業の品質向上、当社独自の新材料開発、樹脂事業の拡大展開を企図した材料開発・製品開発などをねらいとして、工場内に研究開発拠点を設置しております。また、研究の成果を蓄積し、新製品・新規事業にも応用展開してまいります。

ラボの設置による研究開発体制強化

開発原料特性確認、既存製品の解析、プラスチックの開発評価等のため、下記の設備を導入しております。
・ 化学分析機器
・ 物性評価機器
・ 機械物性評価機器

化学分析機器

IC イオンクロマト分析

■IC
 イオンクロマト分析

ICP-MS 溶出金属分析

■ICP-MS
 溶出金属分析

GC-MS 微量ガス分析

■GC-MS
 微量ガス分析

物性評価機器

SEM/EDX 高倍率試料表面観察 元素分析

■SEM/EDX
 高倍率試料表面観察
 元素分析

FT-IR 樹脂状態変化解析 不明物質の特定

■FT-IR
 樹脂状態変化解析
 不明物質の特定

TG/DTA(左)& DSC(右) ガラス転移温度、融点、結晶化温度の測定 酸化による状態変化観察

■TG/DTA(左)& DSC(右)
 ガラス転移温度、融点、
 結晶化温度の測定
 酸化による状態変化観察

機械物性評価機器

万能衝撃試験機 材料靭性評価

■万能衝撃試験機
 材料靭性評価

表面性測定機 同材料・異材料の擦り合わせ(往復運動)による摩擦挙動や耐摩擦性評価

■表面性測定機
 同材料・異材料の擦り合わせ
 (往復運動)による摩擦挙動
 や耐摩耗性評価

万能試験機 材料引張特性評価曲げ特性評価

■万能試験機
 材料引張特性評価
 曲げ特性評価