HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

1968年7月高機能プラスチック製品の製造および販売を目的として株式会社柿崎製作所を設立
1969年1月フッ素樹脂FEPによるシリコンウエハ工程内容器の製品化に成功し、埼玉工場を建設
1973年6月フッ素樹脂PFAの開発により、シリコンウエハ工程内容器の本格量産に入る
1981年10月シリコンウエハ工程内容器の製造専用工場を埼玉工場に増設
大阪府大阪市北区に大阪出張所、福岡県福岡市博多区に九州出張所を開設
1982年1月本社を東京都豊島区西池袋に移転
1984年4月シリコンウエハ工程内容器の製造量産化のため、熊本県菊池郡泗水町(現、熊本県菊池市)に熊本工場(現、富の原工場)を建設、熊本事業所開設
1989年3月熊本工場(現、富の原工場)に第2工場を増設し、OA機器部品量産開始
1991年3月熊本工場(現、富の原工場)に第3工場を増設
1994年4月販売体制強化のため、宮城県仙台市に東北営業所(2002年3月閉鎖)、東京都豊島区の本社内に東京営業所、大阪府茨木市に関西営業所、熊本県菊池郡泗水町(現、熊本県菊池市)の富の原工場内に九州営業所を開設
1996年2月熊本事業所において「ISO9002」(現、「ISO9001」)の認証を取得
1996年5月米国における半導体情報収集を目的とし、100%出資の子会社、Kakizaki America Inc.(ロサンゼルス)設立
1999年10月300mmシリコンウエハ出荷容器「FOSB」の発売開始
2001年1月300mmシリコンウエハ出荷容器の製造専用工場として、熊本県菊池郡泗水町(現、熊本県菊池市)に住吉工場建設
2002年8月株式会社オプテクを100%子会社とする
2003年8月ミライアル株式会社へ商号変更
2003年10月生産能力を拡大のため、300mmシリコンウエハ出荷容器の製造専用工場である住吉工場に第2工場増設
2003年12月埼玉工場を閉鎖
2004年1月熊本事業所において「ISO14001」の認証を取得
2004年6月100%子会社 Kakizaki America Inc.の営業活動を停止
2005年1月100%子会社 株式会社オプテクの営業活動を停止
2005年7月ジャスダック証券取引所に株式を上場
2006年1月100%子会社Kakizaki America Inc.ならびに株式会社オプテクを会社清算
2006年12月株式会社山城精機製作所の株式を70%取得し、子会社化
2007年5月需要拡大に備えるため、300mmシリコンウエハ出荷容器の製造専用工場である住吉工場に第3工場増設
2007年7月熊本事業所の間接部門及び九州営業所を富の原工場内から住吉工場内に移転
2010年4月証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場される
2011年3月株式会社山城精機製作所を100%子会社化
2011年11月東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2012年1月大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場廃止
2012年1月本社を東京都豊島区東池袋に移転
2012年7月株式会社宮本樹脂工業を100%子会社化
2012年11月東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2014年5月販売強化のため、滋賀県大津市に関西営業所を再開
2016年4月東京都港区に不動産取得、不動産賃貸等事業開始

埼玉工場

開設当初の富の原工場

300mmシリコンウエハ用出荷容器(FOSB)

住吉工場全景